教育・研修

徹底した教育・研修システム

2015年07月3日  第17回 ケーワンテック株式会社 安全衛生大会

平成27年7月3日(金)
中央区立総合スポーツセンター内
第一・二会議室にて安全衛生大会を行いました。

 
 
 
社長より挨拶の言葉を頂きました。

 

今年度の安全衛生大会は「人命尊重」の基本理念のもと開催をし、

全ての作業における労働災害防止活動を推進して、

全スタッフ社員あげて全社的に取り組むことを確認したいと思います。

全社的に全スタッフ社員が更なる緊張感を持って、安全対策を着実に実践していくことが

職場の安全を支える基本となると思います。

働くスタッフ社員が安全で健康に

一日の仕事を終えて家族のもとに戻ることが、どれほど大切なことか

この安全衛生大会を機に、今一度「人命尊重」の基本理念に立ち返って

労働災害防止の重要性について意識を更に深め、積極的な労働災害防止活動を展開し、

誰もが安心して働くことの出来る安全で快適な職場環境づくりに努めて参りたいと

考えております。

昨年度の労働災害発生状況ですが、

東京労働局において4件・5名の墜落死亡事故が発生をしました。

過去十年間の中で最も多い災害状況であります。

墜落による死亡災害を撲滅するには、墜落を防止する措置をルール通りに講じることが

最低条件です。

それと同様、作業者自身のブランコ作業等の実践トレーニングの向上も必要不可欠です。

この事を徹底して全現場における「労働災害ゼロ」は

今年度の最も重要な目標です。

実際に管理・監督をされるチーフスタッフや社員の意見を聞きながら、

作業者の不安全作業の指導、また建物の作業環境の改善を図り、

年間を通してゼロ災害活動をしっかり行い、安全管理体制作りや、

現場におけるリスクマネジメントの実施を強化していきたいと考えております。

安全衛生の確保は人間尊重を基本とする社会に対する企業責務と認識し、

全スタッフ社員の協力の下に「安全衛生活動」に強い覚悟を持って推進して

参りたいと思いますので、

引き続き全スタッフ社員のご協力を心よりお願いしたいと思います。

[挨拶文]より抜粋
 
今回の講演は黒田クロ様より賜りました。

講演内容は【意識(心構え)で表情や行動が変わる】

 

考え方が一番大切

考え方は、【考え】と考え【方】の二つで成り立っています。

考えは変わりませんが、考え【方】は変わります。

【方】は見る方向を変える事で全部変わります。

立場・意識・気の持ち方で変わります。

事故災害を防ぐ為には意識しないと事故災害はなくなりません。

指差し呼称は、意識をする為の行動です。

 

最後に全スタッフで安全衛生宣言を行いました。

 

«   | 記事一覧 |   »