外壁打診調査

外壁打診調査ってなに??

打診棒を使って建築物の外壁の傷んでいる箇所と度合いを調査することです。

建築物の老朽化に伴い外壁が劣化することで、剥離落下の可能性が高まり、通行人や周辺住民の安全を脅かしてしまいます。しかし、目視だけでは外壁の劣化を確認することが出来ません。
そのため、打診棒を使っての外壁への打診検査が、最も確実に建物の傷みの度合いと箇所を知る方法になります。

外壁打診調査は必要なの?

法改正により、10年に1回の全面打診調査が必要になりました。

未報告の建物による外壁落下事故が発生が多数発生し、建築物の事故や災害を未然に防止するため、平成20年4月に法改正があり、建築基準法第12条3項の定期報告制度に、「10年に1回の全面打診調査」が必須項目として追加されました。
<対象>
特殊建築物等の壁面からの落下物により歩行者等に危害を加える部分。
・竣工後、外壁改修後10年を超えるもの
・全面打診を実施した後10年を超えるもの
・目視により異常が認められたもの
>>国土交通省の資料もあわせてご参照ください。

外壁調査の種類と手段は

種類 赤外線探査 外壁打診調査
工法 赤外線サーモグラフィ
による外壁点検
足場工法 ゴンドラ工法 ロープブランコ工法
メリット コストが安い 確実で正確 ・確実で正確
・コストが安い
デメリット ・施工条件に制限あり
・正確性が低い
コストが高い ・コストが高い
・施工条件に制限あり
ロープブランコ工法を採用

弊社が選ばれる理由

長年のビルマンションのガラス・外壁清掃で積み重ねたロープブランコ技術により安全・安心で正確な外壁打診調査が可能です。

弊社は、一般社団法人外壁打診調査協会の第1号認定業者です。まだまだ普及が進んでいない外壁調査の重要性にいち早く着目し、多くの外壁打診調査を行ってきました。

無料の現地調査、お見積作成から作業実施、報告書作成まで全て当社の専門スタッフが対応します。

費用について

外壁の面積 費用
1,000平方メートル 30万円前後
2,000平方メートル 50万円前後
3,000平方メートル 75万円前後

※目安の費用になります。

※無料で現地調査を行い正式なお見積書を作成いたします。

対応エリア

  • ■関東エリア(1都6県)
  • ■北海道札幌周辺

外壁打診調査、まずは現地お見積へ