外壁メンテナンス

法改正により、10年に1回の全面打診調査が必要
昨今は、未報告の建物による外壁落下事故が発生が多数発生し、建築物の事故や災害を未然に防止するため、平成20年4月に法改正があり建築基準法第12条3項の定期報告制度に、「10年に1回の全面打診調査」が必須項目として追加されました。
当社は外壁打診調査協会 第一号認定業者
ケーワンテックは、まだ普及が進んでいない外壁調査の重要性にいち早く着目し、多くの外壁打診調査を行ってきました。
その結果、外壁打診調査協会より「第一号認定業者」として選ばれています。
調査後の外壁改修工事も含め、総合的なサポートが可能
外壁改修工事から、定期的な清掃・点検など、トータルメンテナンスをお任せください
外壁診断作業風景
 
外壁打診調査、まずは現地お見積へ